MENU

  • HOME »
  • ブログ »
  • 病歴評価項目
ブログ

病歴評価項目

テスト

腎臓 主な入院時現症 (– 略 –) 著名な浮腫を認めた. 主な入院時現症 (– 略 –) 著明な浮腫を認める. 主要な検査所見 尿所見:タンパク 8.97g/日,蓄尿量 …

6. 倫理的妥当性(倫理的配慮) 4) 患者を全人的視野で診療しているか.

腎臓 入院後経過と考察 (– 略 –) 4月7日よりプレドニン30 mgへ減量したが再燃なく,4月14日より20 mgへ減量した. (– 略 –) 入院後経過と考察 (&# …

6. 倫理的妥当性(倫理的配慮)3) 患者の社会的心理的背景を考慮しているか.

腎臓 入院後経過と考察 (– 略 –) 4月7日よりプレドニン30 mgへ減量したが再燃なく,4月14日より20 mgへ減量した.タンパク尿・浮腫の再発はなく,4月19日退院とした. 入院後経過と …

6. 倫理的妥当性(倫理的配慮) 2) 患者の事情,希望に配慮しているか.

腎臓 入院後経過と考察 (– 略 –) 4月7日よりプレドニン30 mgへ減量したが再燃なく,4月14日より20 mgへ減量した.タンパク尿・浮腫の再発はなく,4月19日退院とした. 入院後経過と …

5. 十分に考察されているか 3) 考察の長さは妥当であり,且つ,論理的であるか.

膠原病 総合考察 成人Still病は,若年性特発性関節炎の全身型(Still病)と同様の病像が成人に発症したものである.1971年,Bywatersにより一つの疾患単位として初めて記載された.高熱,多関節痛および皮疹が特 …

5. 十分に考察されているか 2) 適切な文献を引用しているか.

腎臓 総合考察 本症例は花粉症の既往があり,発症直前に仕事で花粉に曝露しておりアレルギーの関与が疑われた.微小変化型と判断した.高度の浮腫や血管内脱水から腎不全を伴ってくるような場合はアルブミン点滴を併用する必要があるが …

5. 十分に考察されているか 1) EBM(診断と治療の根拠)を重視しているか.

血液 総合考察 びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫に対してR-CHOP療法を行った症例である.CHOP療法よりリツキサン追加療法の方が3年増悪生存率,3年総生存率が有意に高いと示されている.(PfreundschuhM(2 …

4. 治療法は適切か 5) 全体的な流れとして妥当な治療か.

腎臓 入院後経過と考察 #1. 大量タンパク尿,血清アルブミン3.0 g/dL以下の低タンパク血症,全身の浮腫および高コレステロール血症(250 mg/dL以上)をきたしており,ネフローゼ症候群と診断した.3月11日より …

4. 治療法は適切か 4) 主病名の治療について記載が充分であるか.

神経 入院後経過と考察 #1.左中大脳動脈塞栓症 (– 略 –) 心房細動があったことから,心原性脳塞栓症と診断した.グリセリン,エダラボン,補液で治療を開始した.その後,麻痺症状は悪化しなかった …

4. 治療法は適切か 3) 入院後の経過(外来症例の場合は、外来受診毎の経過)が正しく記載されているか.

血液 入院後経過と考察 #1.びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 9月21日~25日までのR-CHOP療法で,触診と肉眼で認める左頸部の腫脹は消失した(21日:ドキソルビシン,オンコビン,エンドキサン,21日~25日:プレ …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.