地方会の開催要項を変更いたします

1. 参加費を徴収いたします

本会10支部において開催している地方会については、長年にわたり参加費無料にて開催して参りました。昨今では発表演題数増加や奨励賞・指導医賞の授与などでどの支部も大変活発に活動していただいておりますが、一方では会場費・運営費等の支出も増えたことにより、次第に支部助成金だけでは開催費用が賄いきれなくなってきております。その改善のため、全支部一律1,000円(税込)の参加費を徴収し開催費用に充当することを平成30年3月開催の理事会にて承認いただきました。本年5月以降に開催する地方会から順次実施いたしますので、会員の皆様におかれましてはご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

徴収開始回

北海道支部 第283回(7月7日開催) 北陸支部 第235回(6月17日開催)
東北支部 第214回(6月16日開催) 近畿支部 第220回(6月16日開催)
関東支部 第641回(5月12日開催) 中国支部 第118回(5月19日開催)
信越支部 第142回(6月3日開催) 四国支部 第118回(6月3日開催)
東海支部 第283回(7月1日開催) 九州支部 第283回(5月19日開催)

◆医学生・初期研修医は免除いたします (要「医学生・初期研修医証明書」(書式は只今準備中))

2. 医学生の発表が可能になります

これまで地方会では医師免許を持つ本会会員もしくは初期研修医に限定しておりましたが、本年度からは医学生でも発表ができるようにいたしました。内科へのリクルートや臨床実習トレーニングの一環としてもぜひ各支部での地方会をご活用ください。

3. 禁忌・適応外使用の症例について

応募する演題(症例)が薬剤や医療機器の禁忌・適応外使用である場合は、患者からインフォームドコンセントを取る、施設の倫理委員会を通すなど倫理的配慮のもとに実施されていることを抄録本文に必ず明記してください。記載がない場合は不採用といたします。

4. 託児室を増やします

男女共同参画の観点から、子育て中の会員でも安心して地方会にご参加いただけるよう、無料でご利用いただける託児室の設置を順次すすめております。