MENU

第116回日本内科学会講演会 ポスターセッションについて

第116回日本内科学会講演会において研究発表をご希望の会員は、下記の要領に従ってお申し込みください。募集する演題は一般演題で、日本内科学会の演題としてふさわしい内容で、かつ臨床との関連に重きを置いたものとします。
発表形式は座長制によるポスター発表を原則とします。指定された討論時間帯に口述発表と討論を行っていただきます。(口述発表4分/討論4分の予定、スライドは使用できません)
採用された演題より数題を選定し、プレナリーセッションとしてメイン会場で口演を行っていただく予定です。

また、一般演題の中から優秀な演題を数題選んで、内科学会奨励賞を授与しておりますので奮ってご応募ください。賞状と奨励金(金一封)を授与します

《 申 込 方 法 》
演題申込は原則として 日本内科学会ホームページ上でのみ 行います。
演題提出締切日 2018年10月31日(水) 午後5時

《 採用方針・採否通知 》
1.採用する演題は日本内科学会講演会にふさわしい内容で、かつ臨床との関連に重きを置いたものとします。 
  また、他学会に申し込んだ演題や、すでに発表された演題はご遠慮ください。
2.締切以降の演題は、原則として不採用とします。
3.採用された演題より数題を選定し、プレナリーセッションとしてメイン会場で口演を行っていただく予定です。
4.本会会員で、2018年度会費が未納の方は、共同研究者氏名から削除します。
5.応募された演題の採否や発表時間は、会長が委嘱した演題選定委員により決定します。
  (日本内科学会学術集会規定第10条)
6.採否は、本年12月中にeメール等にて通知します。

 

《 内科学会奨励賞選考要項 》

対 象 者:第116回日本内科学会講演会において一般演題の演者のうち、2019年3月31日現在満40歳以下の研究者を対象とします。
選考方法:一般演題の座長の方に、ご担当の演題の中から1名の候補者を推薦していただき、学術集会運営委員会に諮り10~20名程度に絞り、その候補者の発表論文等を参考にし会長が数名を選出します。
発表方法:第117回日本内科学会総会・講演会(2020年)の通常総会において発表し、受賞者に賞状と奨励金(金一封)を授与します。なお、受賞者およびその演題名は日本内科学会雑誌に公表します。

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.