MENU

九州地方会PC発表方法

当日の発表

  • 口演形式で、発表5分(厳守)・討論時間2分です。
  • データの動作確認をしていただきますので、発表予定時刻の45分前までに演者受付へお越しください。(第一セッションの場合は開始30分前)

利益相反(COI)状態開示のお願い

すべての発表者についてCOIを開示する必要があります。

  • 必ずスライドの1枚目、タイトルページで開示をしてください
  • 演者ふくめ全ての発表者氏名を記載し、開示の有無に応じて下記見本にある「発表者のCOI開示」以下の文言を付け加えてください。
  • 見本どおりの文言がスライド内に記載されていれば、配置やスライド自体のデザインはどのようなものでも構いません
開示スライドの具体例 (クリックして拡大)

地方会口頭発表 加工用パワーポイントデータ

地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態があるとき
地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態がないとき

発表方法

会場に用意するパソコン
OS:Windows 7

プレゼンテーションソフト:Power Point 2003、2007、2010 (2013は非対応)

プロジェクターの出力解像度:1024×768

作成上の注意
  • OSはWindows、ソフトはPower Pointをお使いください
  • Macintoshで作成したデータをご利用の場合は、ご自身のPCをご持参ください。また、電源コードとプロジェクター用接続アダプタ(純正のVGA用アダプタ)を併せてご持参ください。
ファイル名
  • Power Pointで作成したデータのファイル名は【演題番号氏名】としてください。これ以外のファイル名にはしないでください
    例:
    演題番号23、九州太郎先生の場合

    23_KYUSHUTARO.ppt

    ※全て半角・フルネームで記載し、苗字と名前の間は空けない。

  • 上記のように名前を付けたファイルをUSBに保存し、当日ご持参ください

    ※保存前に必ずウイルスチェックを行ってください

動画・音声
  • 動画ファイリングによる発表の場合は、ご自身のPCをお持ち込みください。電源コードを忘れずにご持参ください。
  • 音声は使用できません
データの消去
  • 発表用PCに複写したデータは、例会が終了次第すみやかに消去いたします

プロジェクターの操作について

  • プロジェクターとの接続は係員が行いますが、発表時の操作は演者席に備え付けのキーボードまたはマウスにて演者ご自身で行っていただきます
  • ご自身の発表時間内に全てが終了するように設定変更・スライドの送り方等、パソコンの取り扱いを熟知しておいてください
  • データにトラブルがあり、発表が不可能となっても事務局は責任を負いかねます

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.