MENU

第45回内科学の展望

 

新着・更新情報

第45回内科学の展望 ~開催のご案内~

会長:大分大学 門田 淳一

テーマ  General Physicianにとっての呼吸器疾患
          
-超高齢社会における現状と課題-
会   場 別府国際コンベンションセンター(別府市)(MAP
開 催 日 2017年11月12日(
時   間 9時25分~15時00分(予定)
参 加 費 3,000円(消費税込)
取得単位数 10単位
参加証印の押印 15時00分より

開催にあたり

45回内科学の展望は,大分大学 門田淳一教授のお世話により,「General Physicianにとっての呼吸器疾患~超高齢社会における現状と課題~」というテーマで、平成291112日()別府市において開催いたします。
 専門医制度の大きな変化が目前に迫っていますが,第一線において非常に幅広い年齢層の患者さんを診療する内科医師,すなわちGeneral Physicianにとって,呼吸器疾患の診療は非常に重要で頻度の高い分野であるといえます。
 本展望では,(1)Common disease としての高齢者肺炎と喘息・COPD,(2)専門性の高い知識が必要とされる難治性呼吸器疾患としての肺癌・間質性肺炎,(3)日常診療において忘れてはならない呼吸器感染症として抗酸菌感染症・肺真菌症・HIV感染症に伴う呼吸器感染症を、それぞれ専門の先生方にご講演いただきます。
 現代の我が国の疾病構造を考えたとき、いずれも大変に貴重なご講演と思います。ご参加される内科の先生方にとって、まさに明日からの診療になくてはならない知識の整理や新たな知見の獲得を容易にする企画と信じていますので、多くの先生方の参加を期待しています。

115回日本内科学会講演会会長 河野 修興

講演プログラム

 【9時25分~9時30分】 
開会の辞 第115回日本内科学会講演会 会長 河野  修興 
 【9時30分~10時50分】 
1.日常診療でよく遭遇するcommon disease   座長:大分大学 宮崎  英士
(1)高齢者肺炎のマネジメント
                ~治療における戦略と限界~
川崎医科大学 宮下  修行
(2)高齢者喘息とCOPDの鑑別~ ACOを含めて~  東邦大学 松瀬 厚人 
  休憩【10時50分~11時】
  【11時~12時20分】 
2.専門性を要する難治性呼吸器疾患  座長:広島都市学園大学  河野  修興
(1)肺癌診療の進歩
       ~高齢者肺癌を見逃さないために~

島根大学

 礒部   威

(2)間質性肺炎の多様性と重要性
   ~診断のコツと専門医紹介のタイミング~
神奈川県立循環器呼吸器病センター  小倉  高志
昼食休憩【12時20分~13時】 
【13時~15時】
3.常に考慮すべき呼吸器感染症 座長:大分大学 門田   淳一
(1)結核・非結核性抗酸菌症の現状
       -高齢者におけるポイント-
国立病院機構東京病院 永井 英明
(2)肺真菌症を疑うポイントと診断のコツ 大阪市立大学 掛屋  弘
(3)高齢化するHIV感染症と呼吸器感染症 東京医科大学 藤井  毅
【15時~15時10分】
閉会の辞 第45回内科学の展望 会長 門田 淳一

*事前登録はありません。参加ご希望の会員は当日直接会場までお越しください

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.