MENU

教育セミナー

開催予定

  • 教育セミナー

    2017年12月3日 かがわ国際会議場・サンポートホール高松

開催履歴

2016年度

開催日 2016年5月22日(日) 10時~11時30分
会場 とくぎんトモニプラザ 6F レクリエーションホール
世話人 きたじま田岡病院内科 板東 浩
協力 四国支部女性医師の会

プログラム

  1. ケースディスカッション

    テーマ『救急現場で生きる総合内科医の役割』
    司会:徳島赤十字病院循環器内科 細川 忍
    症例提示:徳島赤十字病院循環器内科 戸根 沙織

    症例『意識障害、構音障害、運動失調で救急搬送された35歳女性』

    臓器・システム横断的な考察が必要な救急搬送患者の1症例を提示し、総合内科医ならではの視点から短時間にいかに適切なマネージメントできるか、について多方面からディスカッションを加えながら、総合内科専門医・総合内科医の果たすべき役割について理解を深めることを目的とします。

  2. 講演会企画
    座長:徳島大学病院神経内科 松井 尚子 / 香川大学神経難病講座 鎌田 正紀

    講演1「留学のススメ」
    演者:徳島大学大学院医歯薬学研究部臨床神経科学分野 野寺 裕之
    講演2「徳島県における女性医師キャリア形成支援」
    演者:徳島県医師会 男女共同参画委員会 副委員長 坂東 智子

2015年度

開催日 2015年12月6日(日) 10時~11時30分
受付時間 9時30分~
会場 サンポートホール高松 ホール棟5階 / 54会議室 (セミナー室)
世話人 横井内科 横井 徹(四国支部専門部会)
講演会企画 四国支部女性医師の会 (協力:香川県医師会)

プログラム

  1. 症例検討「粘膜下神経節神経腫を指摘され来院した多くの臨床症状を有する23歳男性」
    様々な訴えをもって来院した患者さんに対して、系統的に内分泌学的検査をおこない、適切な診断と治療をおこなった内分泌疾患症例を提示する。内科医に必要である内分泌学的検査の解釈、病理所見、遺伝子解析を含めた症例検討は、診療の向上に極めて重要である。
    座長:
    香川大学医学部附属病院内分泌代謝内科 菊地 史
    症例提示:
    香川大学医学部附属病院内分泌代謝内科 福長 健作
    病理:
    香川大学医学部附属病院病理診断科 伊吹 英美
    症例解説:
    香川大学医学部附属病院内分泌代謝内科 井町 仁美
    ディスカッサント
    高松赤十字病院内科 佐藤 誠祐
    香川大学医学部附属病院内分泌代謝内科 井端 智裕
  2. 講演・討論
    座長:香川大学医学部循環器・腎臓・脳卒中内科 石川かおり

    女性医師が生涯を通じて医師として活躍し、医学を学ぶ喜びを感じることができるように、内科学会支部会として女性医師のキャリア支援をおこなう。女性医師支援のこれまでの活動状況を学び、内科学会として取り組むべき仮題について討議する。
    講演1
    医師のキャリア形成~女性医師にとっての内分泌代謝内科医

    さぬき市民病院内科 大山 知代
    講演2
    香川県における女性医師キャリア形成支援

    高松市医師会 女性医師連絡協議会委員・香川県医師会常任理事 露木 佳子

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.