MENU

東北地方会PC発表方法

発表当日

  • 1題につき発表5分、討論2分の計7分進行です。
  • 発表30分前までに会場内PC受付にお持ちいただき、試写を行ってください
  • 発表開始すると緑ランプ、1分前に黄色ランプ、発表終了時に赤ランプが点灯します
  • 使用できるプロジェクターは、データプロジェクターのみです
  • 当日会場に用意するパソコンのOSはWindows 7,プレゼンテーションソフトはPower Point2007、2010、2013、2016です。
    Macintoshに関しては従来どおり各自ノートパソコン持込みといたします
  • 発表時は演者自身が手元にあるキーボード・マウスでパソコンを操作してください

発表データ作製

Windows, Macintoshとも、動画・発表者ツーの使用は禁止いたします

ファイル名
下記図のとおり「演題番号氏名」で保存してください。
※これ以外のファイル名にはしないでください

1. 演題番号は必ず半角で記載のこと
2. 必ずフルネームの氏名を記載
3. 苗字と名前の間は空けない
スライド枚数
発表時間(5分・時間厳守)を超えなければ何枚でも結構ですが、冒頭のタイトルを含めて10枚程度が適当です
その他
  • リンクファイル(静止画・グラフ等)を使用してデータ(PowerPoint)を作製しないでください
  • PowerPointのファイル1つにして作製してください
  • 発表データは、事前に最新のウイルス駆除ソフトで必ずチェックしてください
使用フォント
文字化けを防ぐため下記フォントを使用してください
日本語-MSゴシック、MS Pゴシック、MS 明朝、MS P明朝
英語-Century、Century Gothic、Arial、Times New Roman

発表用データの事前提出について

第213回東北地方会では、データの事前提出はありません。
USBメモリまたはCD-Rに保存して、当日ご持参ください。

Macintoshご使用の場合

Macintoshに関しては、各自ノートパソコンの持ち込みによる発表といたします。

  • 作製た発表用ファイルはDesk topに置いてください。また、一目でファイルの場所が分かるように、Dest topは予め整理しておいてください。
  • 出力確認後は、演者ご自身で当該会場のPCブースまでパソコンをお持ち頂き、オペレーターにお渡し下さい。
  • 発表終了後は発表会場で、ご自分のパソコンをお受け取りください
  • 当日の持ち物
    • 動作確認済みのノートパソコン
    • MiniD-sub15ピン外部出力コネクター
    • 電源ケーブル
    • バックアップデータ(USB等に保存して)

利益相反(COI)状態開示のお願い

すべての発表者についてCOIを開示する必要があります。

  • 必ずスライドの1枚目、タイトルページで開示をしてください
  • 演者ふくめ全ての発表者氏名を記載し、開示の有無に応じて下記見本にある「発表者のCOI開示」以下の文言を付け加えてください。
  • 見本どおりの文言がスライド内に記載されていれば、配置やスライド自体のデザインはどのようなものでも構いません
開示スライドの具体例 (クリックして拡大)

地方会口頭発表 加工用パワーポイントデータ

地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態があるとき
地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態がないとき

注意事項

  • お預かりした発表データは、学会終了後、事務局が責任を持って消去致します。

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.