MENU

初期研修医プレナリーセッション若手奨励賞について

第196回日本内科学会東北地方会例会より、初期研修医が筆頭演者である優秀演題を発表する特別セッションを設けております(初期研修医プレナリーセッション)。

発表の選考は選考委員により行い、筆頭演者が初期研修医である応募演題の中から計10題を特別セッションの演題に選びます。 当日発表内容、質疑応答などを加味して最優秀演者3名に若手奨励賞を授与します。

また、第214回地方会(平成30年6月16日)より、若手奨励賞を受賞した演題の指導医に対しても賞を授与し、表彰することといたしました。

受賞演題は当日、評議員会にて表彰致します。皆様奮って御応募ください。

【エントリー方法】

1、演者登録欄登録区分のうち、「初期研修医」の項目にチェックをつける。
2、指導医は共同演者の2番目に登録しておく。

【受賞者の発表と表彰式】

地方会当日に受賞者を決定し、表彰式も行います。

プレナリーセッションの演者とその指導医は表彰対象となりますので、発表後も会場に残り、受賞者の掲示をお待ちください。受賞演者には表彰状と副賞、指導医には表彰状を授与いたします。
受賞演者と指導医の所属・氏名は、内科学会ホームページに掲載いたします。

初期研修医プレナリーセッション若手奨励賞・指導医賞 受賞者

初期研修医プレナリーセッション若手奨励賞 受賞者

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.