2018年1月29日付

東海支部内所属する本会会員に対する不審な電話が下記1月15日付けの下記お知らせ以降も引き続き数件かかっておりますので改めて注意喚起いたします。

本日寄せられた情報では、「内科学会のカトウ」と名乗る者が「緊急連絡先に不備があるため本人に取り次いで欲しい」と病院所属の医師に代わるよう申し出ております。自身の連絡先として携帯電話と固定電話の番号を答えましたが、実際の応対内容は不動産勧誘であり、電話番号もweb上で不審な番号として取り扱われておりました。

不審者の口実が実際に内科学会の事業と関連のありそうな内容になるなど、次第に巧妙化しております。不審と思われた際には改めて具体的な問い合わせ内容をご確認いただくなど、引き続き充分なご注意と対策をお取りくださいますようお願い申し上げます。


2018年1月15日付

本日第234回東海地方会でご発表予定の演者所属施設宛に、日本内科学会「サカモト」と名乗る男性より「演題発表について確認したいことがあるので折り返し電話が欲しい」との電話がありました。

折り返しの連絡先が携帯電話番号であったため、受付の方が不審に思い東海支部事務局に問い合わせをされたことから発覚いたしましたが、内科学会事務局や東海支部事務局、また地方会主催事務局からはお問い合わせの際は必ず事務局の固定電話番号を申し出ております。

昨年来、本会地方会に関する不審な電話が全国各地で多発しておりますので、万が一不審に思われた際には担当者の名前だけでなく用件もご確認いただくとともに、対応は打ち切り、住所や電話番号など個人情報を回答することがないよう十分お気をつけください。またお手数ですが内科学会事務局(TEL:03-3813-5991) にもご一報をいただけますと幸いです。