MENU

東海地方会PC発表方法

PC発表は原則としてCD-R又はUSBメモリーによるデータの持込、もしくは各自のノートパソコンを持ち込んでの発表に限らせていただきます。CD-RWおよびDVDによるデータの持込は不可とさせていただきます。
また、ご発表はPower Pointに限らせていただきます。

利益相反(COI)状態開示のお願い

すべての発表者についてCOIを開示する必要があります。

  • 必ずスライドの1枚目、タイトルページで開示をしてください
  • 演者ふくめ全ての発表者氏名を記載し、開示の有無に応じて下記見本にある「発表者のCOI開示」以下の文言を付け加えてください。
  • 見本どおりの文言がスライド内に記載されていれば、配置やスライド自体のデザインはどのようなものでも構いません
開示スライドの具体例 (クリックして拡大)

地方会口頭発表 加工用パワーポイントデータ

地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態があるとき
地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態がないとき

CD-R又はUSBメモリーでのデータ持込によるご発表

  1. データ持込みの場合、メディアは必ずウイルスチェック済みのものか新品に保存し、保存後に更にウイルス
    チェックを行ったものをお持ち下さい。
  2. 事務局として用意しますPCはOSがWindows 7、プレゼンテーションソフトはPowerPoint
    2010です
  3. メディアを持込む場合はWindows版Power Point 2010で作成されたデータのみといたします
  4. MacintoshのデータはWindows上での位置のずれや文字化けなどの不具合が生じることが多いため、そのままのデータの持込は不可とさせていただきます
    各自、Windows上での動作確認と、Windows用にデータ変換を行った上でのご用意をお願いします
  5. 動画(movie file)がある場合には、各自のPCを持込んでの発表をお願いします
  6. Macintoshでのご発表をご希望の場合には、各自のPCを持込んでの発表をお願いします。
  7. 液晶プロジェクターの出力解像度及びPC画面は、XGA(1024X768)に対応しております。
  8. 音声出力は使用できませんのでご了承下さい。

PCの持込によるご発表

  1. 液晶プロジェクターとの接続は、PC本体にミニDsub15ピン外部出力コネクターが使えるものに限ります。薄型PCでは特殊なコネクター形状になっているものもありますので、必ず附属の変換アダプターを予めご確認の上ご用意をお願いします
    MiniD-sub15ピン図 MiniD-sub15ピン
  2. 発表中又はその準備中にバッテリー切れになることがありますので、発表には附属のACアダプターをご用意ください。(100V)
  3. 発表中にスクリーンセーバーや省電力機能で電源が切れないように、設定のご確認をお願いします
  4. 音声出力は使用できませんので、ご了承ください

PC及びデータの受付並びにその他

  1. 発表はキーボード、マウスを使用し、発表者ご自身で進めてください
  2. PowerPointにて作製したデータのファイル名は「演題番号氏名.ppt」で保存してください
  3. データ保存する前に必ずウイルスのチェックを行ってください。保存後もウイルスチェックを行ってください。
  4. 各ご発表の30分前までにPC受付にて、演題受付及び動作確認をしてください(なるべく受付予定時間よりも早めにお願いします)

発表時間・枚数

  1. 発表時間は発表5分、質疑2分の計7分となります。時間厳守にてお願いします
  2. 発表枚数は発表時間内に終了する形であれば何枚でも結構ですが、冒頭のタイトルを含め10枚程度が適当です

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.