MENU

年次報告書作成に関するFAQ

各種計算式(厚生労働大臣官房統計調査部の方式です)

calc

剖検に関する質問

剖検室が無い(病理医がいない)ため、大学病院など、他施設に剖検を依頼しているが、自院の実績となるか?
ネクロプシー(針死検)は認められるか?
救急入院24時間以内に亡くなった方の剖検は剖検数として認められるか?

CPCに関する質問

剖検を他院で行っているので、CPCも他院での開催となるが、自院のCPCとしてカウントしてよいか。
剖検を年度後半に行ったので、そのCPCは今年度中に実施できない。

提出書類ご記入の際のご注意点

指導医一覧表

  • 会員情報に基づいておりますため、お名前の使用漢字の変更、改姓、卒業年次の訂正等を一覧表にご記入いただいてもご対応できません。会員情報の変更につきましては、個人情報の変更となりますため、ご本人様よりホームページ等よりご連絡ください。
  • 記事欄の認定資格は内科学会認定のもののみ自動記載となります。ご記載いただく必要はございません。
  • 職責に変更がある場合には、一覧表に直接赤字でご訂正ください。 
  • 教育責任者の変更については、同封されている【登録事項変更届】にてご連絡ください。
  • 新規に追加する指導医の欄が不足する場合は、下記にExcel形式の書式を用意しましたので、こちらに記入してご提出ください。
    指導医の追加表

指導医票

  • 内科臨床歴は丸7年経過した8年目からの先生となります。
  • 新規申請の場合は過去5年以内で3篇の業績発表は必須です。筆頭、共著等は問いませんが、発表年月日、発表者のお名前(共著の場合には筆頭の方のみではなく申請者も)を漏れずにご記載ください。

※ 指導医の新規登録、変更につきましては本年に更新の施設より優先して行いますため、登録完了までに数ヶ月~半年かかる場合もございます、ご了承ください。
また、登録完了後に発行される指導医依頼状につきましては、施設更新年度に施設認定証と共に発行いたします。更新年度以外の登録状況の確認には翌年お送りする年次報告書類の指導医一覧表でご確認いただくようになります。登録確認等についてはお答えいたしますが、メールにてお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

新制度における内科指導医の条件(2025年までの暫定措置)

現行の指導医の条件と新制度での指導医の条件が一部異なります。参考として下記に「新制度における指導医の条件」を掲載いたします。

shidoui

年次報告書項目別によくある質問

[調]の付いている項目は調査項目です。直接、認定基準に関わりませんので、確認できない場合には「0」をご記入いただいても問題ございません。ただし、今後の施設認定基準の参考にいたしますので、なるべく「0」等の未回答ではなく、正確な数字での入力にご協力ください。

A.[調]病床数
急性期、慢性期の区別をしていない。
⇒ 区別していない場合には、全体の病床数をご記入ください。

B.[調]内科系診療科数
⇒ 内科系の標榜をしている診療科数。

C.[調]総合内科および総合診療科(部)の有無
⇒ どちらかを標榜しているか。対象の診療科(部)が無い場合には「無」をご選択ください。

D.内科全体の病床数
⇒ 病床数を診療科別にはっきりとは分けていない施設に関しては、全体の病床数の内、内科系の疾患で使用しているのは何床であるかなど、おおよその数で結構です。例えば、病院全体の病床数が100床で、その内、内科系の疾患で入院されている方が通年で7割程度であれば70床など。

G. [調]内科系関連13学会認定の専門医数(ただし、認定内科医の有資格者に限る) 
⇒ 常勤医でなくても結構です。人数が把握できない場合には「0」をご記入下さい。

H.[調]救急車搬入件数
⇒ (うち内科症例の割合 %)診療科毎分かれていないため、数が出せない場合には、おおよその数で結構です。把握できない場合には「0」をご記入ください。

L.内科の常勤医数
⇒ 1年間を通した常勤医数が何人になるかという事になります。
例)A医師が6ヶ月の勤務で異動、その後B医師が3ヶ月、C医師が3ヶ月勤務。
このような場合には、実際3名の方がご勤務されておりますが、施設の常勤医としては1年間で1名とカウントとなります。

M.内科の指導医数
⇒ 異動など人数の変動があるかと思われますので、指導医数に関しては本年度4月1日時点での人数をご報告ください。

N.調認定内科医数(常勤)
⇒ 本年4月1日時点での人数をご報告ください。他科=内科認定医を取得されていながら、内科以外の診療科にご勤務されている方。把握できない場合には「0」をご記入ください。総合内科専門医資格をお持ちの方は人数に含めないでください。

O.[調]総合内科専門医数(常勤)
⇒ 本年4月1日時点での人数をご報告ください。他科=内科認定医を取得されていながら、内科以外の診療科にご勤務されている方。把握できない場合には「0」をご記入ください。

P.[調]2015年度の認定内科医試験受験者数
⇒ 受験は医師個人でお申込みをされる事が多いので、把握できているおおよその人数で結構ですが、把握できていない場合には「0」をご記入ください。内科学会でも受験者に関し、施設毎の登録はしておりませんので、お問い合わせいただきましてもお答えできません。

Q.[調]研修医数(6カ月在籍した場合には0.5/年と換算する)
⇒ 6カ月を満たずローテションする場合でも、在籍月数を換算し、年間で何人の研修医が在籍したかの人数を算出して下さい。
  例)A医師3カ月、B医師3カ月、C医師3カ月、D医師3カ月の場合、実際には4名の方が在籍されておりますが、1名とご報告ください。

T.内科の剖検
⇒ 別項目「剖検に関する質問」をご参照ください。

U.CPC数(内科系のみ)
⇒ 別項目「CPCに関する質問」をご参照ください。

V.日本内科学会での発表数(年次講演会、地方会)
⇒ 筆頭演者ではなく、共同演者でもか、研修医の方、常勤でない方の発表も認められます。

X.[調]救急蘇生講習会の開催数
⇒ その他については、病院内での小規模な講習会も認められます。

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.