MENU

年次報告書作成に関するFAQ

各種計算式(厚生労働大臣官房統計調査部の方式です)

calc

剖検に関する質問

剖検室が無い(病理医がいない)ため、大学病院など、他施設に剖検を依頼しているが、自院の実績となるか?
ネクロプシー(針死検)は認められるか?
救急入院24時間以内に亡くなった方の剖検は剖検数として認められるか?

CPCに関する質問

剖検を他院で行っているので、CPCも他院での開催となるが、自院のCPCとしてカウントしてよいか。
剖検を年度後半に行ったので、そのCPCは今年度中に実施できない。

年次報告書項目別によくある質問

A.病床数
急性期、慢性期の区別をしていない。
⇒ 区別していない場合には、全体の病床数をご記入ください。

B.内科系診療科数
⇒ 院内で標榜をしている内科系の診療科数。

C.総合内科および総合診療科(部)の有無
⇒ どちらかを標榜しているか。対象の診療科(部)が無い場合には「無」をご選択ください。

D.内科全体の病床数
⇒ 病床数を診療科別にはっきりと分けていない施設に関しては、全体の病床数の内、内科系の疾患で使用しているのは何床であるかなど、おおよその数で結構です。例えば、病院全体の病床数が100床で、その内、内科系の疾患で入院されている方が通年で7割程度であれば70床など。

G.内科系関連13学会認定の専門医数(ただし、認定内科医の有資格者に限る) 
⇒ 常勤医でなくても結構です。人数が把握できない場合には「0」をご記入下さい。

H.救急車搬入件数
⇒ (うち内科症例の割合 %)診療科毎分かれていないため、数が出せない場合には、おおよその数で結構です。把握できない場合には「0」をご記入ください。

L.内科の常勤医数
⇒ 1年間を通した常勤医数が何人になるかという事になります。
例)A医師が6ヶ月の勤務で異動、その後B医師が3ヶ月、C医師が3ヶ月勤務。
このような場合には、実際3名の方がご勤務されておりますが、施設の常勤医としては1年間で1名とカウントとなります。

M.内科の指導医数
⇒ 記入日現在の人数をご報告ください。

N.調認定内科医数(常勤)
⇒ 記入日現在の人数をご報告ください。他科=内科認定医を取得されていながら、内科以外の診療科にご勤務されている方。把握できない場合には「0」をご記入ください。総合内科専門医資格をお持ちの方は人数に含めないでください。

O.総合内科専門医数(常勤)
⇒ 記入日現在の人数をご報告ください。他科=内科認定医を取得されていながら、内科以外の診療科にご勤務されている方。把握できない場合には「0」をご記入ください。

P.2017年度の認定内科医試験受験者数
⇒ 受験は医師個人でお申込みをされる事が多いので、把握できているおおよその人数で結構ですが、把握できていない場合には「0」をご記入ください。内科学会でも受験者に関し、施設毎の登録はしておりませんので、お問い合わせいただきましてもお答えできません。

Q.研修医数(6カ月在籍した場合には0.5/年と換算する)
⇒ 6カ月を満たずローテションする場合でも、在籍月数を換算し、年間で何人の研修医が在籍したかの人数を算出して下さい。
  例)A医師3カ月、B医師3カ月、C医師3カ月、D医師3カ月の場合、実際には4名の方が在籍されておりますが、1名とご報告ください。

T.内科の剖検
⇒ 別項目「剖検に関する質問」をご参照ください。

U.CPC数(内科系のみ)
⇒ 別項目「CPCに関する質問」をご参照ください。

V.日本内科学会での発表数(年次講演会、地方会)
⇒ 筆頭演者ではなく、共同演者でもか、研修医の方、常勤でない方の発表も認められます。

X.救急蘇生講習会の開催数
⇒ その他については、病院内での小規模な講習会も認められます。

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.