MENU

【認定医】 剖検症例

【認定医】 剖検症例

Q.私の受け持ち患者ではなかったのですが、その患者が先日お亡くなりになり、剖検に立ち会いました.この症例を私の剖検症例として使用することは可能でしょうか?

患者を生前から受け持っていないのであれば、剖検症例として使用できません 

 また、次記7項目をほぼ満たしていることも必須条件となっています 受験案内 P11 参照

 1.終末期医療の実践
 2.死亡の宣告
 3.遺族への剖検依頼
 4.剖検に際しての臨床上の問題点等を整理して病理へ提出
 5.剖検への立会い
 6.剖検所見との対比による考察
 7.CPCへの参加

Q.受け持っていた患者が先週お亡くなりになられ、剖検させていただきました.病理医の先生が作成する最終の剖検報告書(剖検診断書)の出来あがりは、数か月先であり、受験申込みに間に合いません.どうしたらいいですか?

募集要項には、”最終診断書が出ていない場合は肉眼的所見が記載されているものでも可とする”と規定されております
従いまして、肉眼的所見をもとに考察を記載し、また、肉眼的所見が記載された剖検記録一式をコピーして病歴要約にホッチキスで添付し、ご提出ください

Q.外来で受け持っている患者が心肺停止状態で搬入され、自ら救急対応を行いましたが、その甲斐無くお亡くなりになられ、ご遺族に許可を得て剖検させていただきました.剖検報告書の主治医欄に自分の氏名の記載は有ります.但し、入院になっていないので、退院時サマリーがありません.どうしたらよいでしょうか?

退院時サマリーの代わりに、外来カルテをコピーしていただき、先生が担当(救急対応)した症例であることをお示しください

Q.神経内科という専門上、頭部のみの剖検となってしまうのですが、それは認められるのでしょうか?

頭部のみでも認めます

Q.剖検報告書を取り寄せたところ、患者名は記載されていましたが、患者IDの記載がありませんでした。そういった場合はこちらで勝手に手書きで付け足してもよいのでしょうか?

主治医としての責任に基づき、先生が剖検報告書に正しく患者IDを明記してください
なお、患者ID、年齢、性別を除いた患者個人情報(氏名・生年月日・住所・連絡先等)は消去(マジックインキで塗りつぶすなど)した後、再度コピーして透けて見えないように(絶対に判読できないように)してください

→参照:『患者個人情報の取り扱いについて』

Q.剖検報告書は、病歴要約とまとめてホッチキスで留めて提出するのでしょうか?

はい。その通りです
どの症例に該当するかが分かるように該当する病歴要約の後ろ(左上)に、A3判かA4判にした剖検報告書をホッチキスで留めてご提出ください

Q.剖検症例の剖検報告書の主治医欄に苗字しか書かれておりませんでした.
この場合も、「剖検に関する証明書」を作成しなければならないでしょうか?また、作成する際は、『理由』のところはワープロうちでしょうか?

その症例を受け持った病院の教育責任者から「剖検に関する証明書」を用いて、間違いなく先生ご自身が受け持った症例であることを証明してもらってください.なお、手書きでも構いません

認定医制度

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.