MENU

従来どおりの試験 受験資格―総合内科専門医資格認定試験

総合内科専門医資格認定試験

従来どおりの試験 受験資格

以下(1)~(6)を全て満たす者

 (1)認定内科医と認定されていること
 (2)2016年度までの年会費を完納すること
 (3)受験料を出願期間内に完納すること
 (4)認定内科医資格取得後に次記AタイプまたはBタイプのいずれかの内科臨床研修歴を有すること
   (試験日までに修了見込みの者も含む)
 (5)病歴要約一式(20~22症例分)を不備なく提出できること
 (6)2件以上の発表業績(症例報告または臨床研究)を有すること
  ※2016年度の年会費振込用紙は 3月中に送付する予定です.振込用紙が届き次第, 4月30日(土)までに必ずお支払いください.

Aタイプ
  • 教育病院1年以上を含む、合計3年間以上の内科臨床研修
Bタイプ
  • 教育病院1年未満を含む、合計5年間以上の内科臨床研修

※「教育病院」の中には、大学病院と内科臨床大学院も含まれます
※上記の内科臨床研修は、全て本会の認定教育施設で行うことが原則です 

会員専用コンテンツ認定教育施設一覧
【例外】 Aタイプの場合のみ

※教育関連病院からの派遣は含まれません

研修年限図

※画像をクリックすると拡大します PDFファイル印刷用(PDF 193KB)

総合内科専門医 研修年限図


無認定病院の場合の模式図

妊娠・出産・育児・傷病・介護などによる休職期間の取り扱いについて

妊娠・出産・育児・傷病・介護等による休職期間を,一定の範囲内で研修期間として許容される場合があります.
詳細は該当ページでご確認下さい.

 

 

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.