MENU

試験問題の出題方式・合否判定(従来どおりの試験)

総合内科専門医資格認定試験

試験問題の出題方式・合否判定(従来どおりの試験)

出題数

マークシート形式により、総合内科を含めた内科の10分野から計250題出題する

解答の形式

Aタイプ-単純択一形式
[解答のしかた] 設問に対して挙げられている選択肢の中で、解答として最も適しているものを1つ選ぶ

  [例題]

  欧州にある国はどれか.1つ選べ.
  (a)日 本
  (b)中 国
  (c)スイス
  (d)アメリカ
  (e)ブラジル          [正解:(c)]
X2タイプ-多真偽形式
[解答のしかた]  設問に対して挙げられている選択肢の中で、解答として適しているものを2つ選ぶ

  [例題]

  欧州にある国はどれか.2つ選べ.
  (a)日 本
  (b)中 国
  (c)スイス
  (d)アメリカ
  (e)フランス          [正解:(c),(e)]

 

問題の種類

一般問題
内科の10分野について、専門的であっても必須の知識や判断力を問う問題
臨床問題
年齢、性別を記載して実施形式で症例を示し、設問に答える問題
up to date問題
最近の重要な知見を問う問題

 

問題の範囲

出題範囲は「認定医制度研修カリキュラム(=出題基準)」に準拠するものとし、出題内容は原則として「標準的内科学教科書」、「日本内科学会雑誌」、「内科救急診療指針2016」および「コモンディジーズブック」に掲載されている内容とする

但し、一部に「up to date」な領域として「日本内科学会雑誌」に掲載されている最近の重要な知見も出題する

 

合否判定

筆記試験の「総合得点」と「分野毎の得点」および「病歴要約の評価」の総合成績により行う

  ※1. 病歴要約の評価結果のみで不合格となる(教育責任者に結果を連絡する)ので注意して作成すること
  ※2. 試験問題の持ち出し等があった場合は不合格とする
  ※3. 経歴詐称や症例の不正が認められた場合は処分する
    罰則規定:不正の状況等を鑑み、下記1~3のいずれかの罰則を科すこととする
     1. 当該年度不合格
     2. 当該年度不合格 且つ 複数年再受験不可(1~5年間再受験不可)
     3. 当該年度不合格 且つ 受験資格を永久剥奪

認定医制度

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.