MENU

平成31年度からの内科研修を希望する方へ

 
 
 
  1. 本システムの専攻医向けマニュアル(下記よりダウンロード可能です)
    専攻医登録システム「専攻医向けマニュアル」
  2. 専攻医登録に関する詳しいスケジュールは日本専門医機構のHPに掲載されております
  3. 専攻医登録システム、及びその内容に関するお問い合わせ
    日本専門医機構事務局
    メール:senkoi-support@jmsb.jp
    電 話:03-3201-3930
    専攻医登録システムの内容に関するお問い合わせは、日本内科学会事務局では一切お受けできません。必ず日本専門医機構事務局にお問い合わせください

    ※ 内科専門医制度に運用に関するお問い合わせは、日本内科学会事務局にて承ります。
      メール:shinseido@naika.or.jp
      電 話:03-3813-9547

 
 
 
program_banner
 
faq_banner
 
 
 

faq

 

「新専門医制度FAQ」より抜粋

内科専門医の研修では各内科系診療科のローテーションが義務付けられているのですか。
内科研修プログラムに参加した後、ライフイベント等により研修を中断することや研修期間が長期化することもあると思います。そのようなときに研修への配慮はあるのでしょうか。カリキュラム制のような自由度も期待したいところです。
同じ症例を他の方と一緒に受け持っています。このような場合は自分の症例として扱うことは認められないのでしょうか。
内科領域の研修は幅広であり、修了要件を満たす症例の取りまとめに不安があります。初期研修症例などの取り入れなどは認められるのでしょうか。
内科領域では,これまでの認定内科医資格試験(最短卒後3年で受験可能)を新制度ではとりやめることにするのですか。
医師免許を2015年までに取得した人と、2016年以降に取得した人の、受験できる資格の違いについて教えてください。
内科領域のサブスぺシャルティ専門医はいくつありますか。
サブスペシャルティ専門医を取得できるまでの年数は、現行制度より長くなるのでしょうか。
総合診療専門医を取得後、内科のサブスペシャルティ専門医を取得することはできますか。
初期研修中に、外科やリハビリ科等の内科以外の診療科で、内科症例を経験しました。その症例は、内科指導医の指導のもとに診療を受け持ちました。このような症例を、専門研修の経験症例としてJ-OSLERに登録することは可能ですか?
現在の専門医制度から、新しい制度へ何が期待されているのでしょうか?

認定医制度

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.