MENU

  • HOME »
  • 第46回内科学の展望 開催のご案内

第46回内科学の展望 開催のご案内

テーマ:『 内科医、general physicianに必要な免疫・炎症学update

展望会長熊ノ郷 淳  (大阪大学)
開催日2018年(平成30年)12月2日(
会 場大阪国際会議場 メインホール(大阪市)
参加方法事前予約はありませんので、直接会場へお越しください
認定更新単位10単位
参加費¥3,000
 託児室のお申込み託児室(無料)の申し込みを開始いたしました
お申し込みの締め切りは11月28日(水)

日本内科学会学術集会  第46回内科学の展望
内科医,general physicianに必要な免疫・炎症学update


第46 回内科学の展望は,大阪大学 熊ノ郷淳教授のお世話により,「内科医,general physicianに必要な免疫・炎症学update」というテーマで,2018年12月2日,大阪国際会議場において開催いたします.
 本企画では,第一線の現場の内科医,general physicianが,日常診療で遭遇する全身性疾患としての免疫・炎症性病態を取り上げていただきます.特に,膠原病や最近話題のがん免疫治療をはじめ,免疫異常病態からみた全身疾患をわかりやすく伝えていただけるように工夫されており,一般内科診療に即した臓器横断的視点での企画となっております.
 プログラムでは,(1)新しい治療法である「抗サイトカイン療法」の現状について,皮膚,呼吸器ならびに膠原病の領域からご講演いただきます.(2)「全身性炎症性疾患」の視点で,消化器及び糖尿病・代謝疾患の領域からご講演いただきます.(3)近年,めざましい進歩を遂げております「がん免疫治療」についてわかりやすく解説いただきます.いずれの講師の先生も各領域のエキスパートであり,参加いただく会員の皆様には十分ご満足のいく内容であると信じております.
 臓器別の診療体制により医療が進歩した一方で,今後の我が国の超高齢社会という人口構成から,全身を包括的に診察・診療できる内科医の能力が改めて見直されてきていると考えます.このような考えのもと,本企画が,一般内科診療に役立つ全身性炎症及び免疫病態に関する知識の整理や修得の一助になれば幸いです.多くの会員の先生のご参加をお待ちしております.

第116回日本内科学会講演会会長 長谷川好規

◆プログラム 

開会の辞 第116回日本内科学会
     講演会
会長 
長谷川 好規 
 
セッションⅠ【9時30分~9時50分】 
1)Overview
日常臨床に繋がる免疫研究の成果大阪大学熊ノ郷 淳
セッションⅡ【9時50分~11時20分】
2)アレルギーと自己免疫での抗サイトカイン療法
(1)アトピーと乾癬における免疫療法~皮膚科の視点から~京都大学椛島 健治
(2)アレルギー性気道疾患に対する抗サイトカイン療法千葉大学中島 裕史
(3)膠原病・リウマチ疾患における抗サイトカイン療法 ~update~産業医科大学

田中 良哉

 

休憩【11時20分~11時35分】
セッションⅢ【11時35分~12時間35分】
3)消化器疾患免疫・炎症update ~腸内細菌を含めて~
(1)腸内細菌と消化器疾患慶應義塾大学金井 隆典
(2)肝臓病のupdate~ ウイルス肝炎と脂肪肝炎大阪大学竹原 徹郎
  昼食休憩【12時35分~13時25分】
*お弁用の販売をおこないますのでご利用ください
*数に限りがございますので、予めご了承ください
セッションⅣ【13時25分~14時25分】
4)糖尿病・代謝疾患免疫update  
(1)臓器間ネットワークと代謝疾患東北大学片桐  秀樹
(2)生活習慣病:木を診て森も診よう!九州大学小川  佳宏
セッションⅤ【14時25分~15時15分】
5)がん免疫update  
(1)がん免疫療法の現状と将来展望名古屋大学西川 博嘉
(2)CAR―T細胞療法大阪大学保仙 直毅
【15時15分~15時20分】
開会の辞

第46回内科学の展望
       会長

熊ノ郷 淳
PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.