MENU

  • HOME »
  • 第3日 ―2019年4月28日(日)― 講演会場(ポートメッセなごや 第3展示館)

第3日 ―2019年4月28日(日)― 講演会場(ポートメッセなごや 第3展示館)

第3日 ―2019年4月28日(日)―
講演会場(ポートメッセなごや 第3展示館)

シンポジウム3.9時00分~11時00分(120分)
薬剤耐性への国家的アクションプラン
司会
名古屋大学 八木 哲也
国際医療福祉大学 矢野(五味)晴美

1.世界と我が国の耐性菌疫学とJANISの今後… …………………………国立感染症研究所 菅井 基行
2.我が国のアクションプランの概要と現状… ……………………………国立国際医療研究センター 大曲 貴夫
3.院内感染対策とAntimicrobial Stewardship Program…………京都大学 長尾 美紀
4.病院・国内でのChoosing wisely導入と教育活動… ………………群星沖縄臨床研修センター 徳田 安春
5.開業医での抗菌薬適正使用実践例… ……まえだ耳鼻咽喉科クリニック 前田 稔彦
6.新しい創薬の方向性と可能性… ………………医薬品医療機器総合機構 佐藤 淳子


教育講演12.11時00分~11時20分(20分) 座長 川崎医科大学 塩谷 昭子
腸内細菌と消化器疾患………………………………………………慶應義塾大学 金井 隆典

教育講演13.11時20分~11時40分(20分) 座長 京都大学 稲垣 暢也
1型糖尿病の病態と治療の最前線………………………………………近畿大学 池上 博司

教育講演14.11時40分~12時00分(20分) 座長 徳島大学 西岡 安彦
ANCA関連血管炎における間質性肺炎… ……………………………東邦大学 本間  栄

一般演題プレナリーセッション 12時00分~13時00分(60分)
座長 東京大学 矢冨  裕

1.がんゲノム医療における肝腫瘍生検の意義(演題番号361)… ……………………京都大学 恵荘 裕嗣
2.バソプレシンV2受容体機能が維持された心不全患者において,トルバプタンの早期開始は長期予後を改善する(演題番号383)… ………………札幌医科大学 能登 貴弘
3.次世代シーケンサーを用いた日本全域の家族性地中海熱患者におけるMEFV遺伝子の包括的解析(演題番号439)…………………長崎大学 古賀 智裕
4.当院の感染性心内膜炎74症例の後方視的検討(演題番号440)… ………………佐賀大学 山下  駿


招請講演5. 13時00分~13時40分(40分) 座長 東京大学 南学 正臣
ネフローゼ症候群,腎疾患の腎組織所見と新しい免疫抑制療法……………金沢医科大学 横山  仁

教育講演15. 13時40分~14時00分(20分) 座長 大阪大学 熊ノ郷  淳
全身性エリテマトーデスの臓器病変と治療………………和歌山県立医科大学 藤井 隆夫

教育講演16. 14時00分~14時20分(20分) 座長 防衛医科大学校 熊谷 裕生
慢性腎臓病患者の心血管病管理…………………………………………神戸大学 西  慎一

教育講演17. 14時20分~14時40分(20分) 座長 長崎大学 宮﨑 泰司
成人T細胞白血病治療の現状と未来……………………………………京都大学 高折 晃史

教育講演18. 14時40分~15時00分(20分) 座長 獨協医科大学 平田 幸一
伝播からみたプリオン病と神経変性疾患………………………………金沢大学 山田 正仁

閉会の辞…………………………………………………………………………会長 長谷川 好規


講演会場(ポートメッセなごや 交流センター 第6・7会議室)

男女共同参画・医師の働き方改革についての検討会 9時30分~11時00分(90分)
座 長
埼玉医科大学 名越 澄子
名古屋大学  藤城 光弘

1.基調講演
男女共同参画・世界の現状と日本のアカデミアの取り組み  名古屋大学総長 松尾 清一

2.日本内科学会サブスペシルティー学会での男女共同参画・医師の働き方改革の取り組みについて
1)循環器学会での取り組みについて:  副島 京子(杏林大学)
2)日本呼吸器学会での取り組みについて:金子 猛(横浜市立大学)
3)日本腎臓学会での取り組みについて:  内田 啓子(東京女子医科大学)

3.日本内科学会としての男女共同参画・医師の働き方改革に関するパネルディスカッション
日本内科学会サブスペシャルティー各学会


日常診療の診断プロセスを考える講演会 11時30分~13時00分(90分)
概 要
症例検討①:診断プロセスに問題のある症例の提示
  講義①:診断プロセスに問題を生じさせる要因や認知バイアス
症例提示②
要因分析ワーク:個人ワーク+全体共有
アクションプランワーク:個人ワーク+全体共有
講義②:診断プロセスの問題を克服するために

企 画 専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループ

講演会場(ポートメッセなごや イベント館)

CPC~何が起きていたのか? 最終病理診断からのメッセージ~ 10時00分~11時40分(100分)
タイトル:肺野病変,多発リンパ節腫脹,肺高血圧を伴い呼吸不全で死亡した1例

■座 長 静岡市立清水病院呼吸器内科 吉富  淳
名古屋第一赤十字病院消化器内科 春田 純一

■症例提示 名古屋第一赤十字病院循環器内科 清水 真也

■ディスカッサント 名古屋大学肺高血圧寄附講座 足立 史郎
            藤田医科大学呼吸器内科 後藤 康洋

■コメンテーター 名古屋第一赤十字病院放射線診断科 伊藤 茂樹
          名古屋第一赤十字病院循環器内科 嶋野 祐之
             佐久医療センター腫瘍内科 長瀬 通隆

■病 理 名古屋第一赤十字病院病理部 伊藤 雅文
     名古屋第一赤十字病院病理部 伊藤  藍

企 画 専門医部会東海支部


地域医療シンポジウム2019 13時00分~15時00分(120分
テーマ:~視野をひろげる専攻医育成~
司会
新潟大学地域医療学講座 井口 清太郎
藤田医科大学血液内科 恵美 宣彦
1.地域医療連携について… ……………藤田医科大学連携地域医療学講座 大杉 泰弘
2.在宅医となって感じる多機関・多職種協働の重要性… …………きずなクリニック(久留米市)池田 真介
3.内科専門研修プログラム整備基準に関する立場から… …………藤沢市民病院 西川 正憲
4.病歴要約見本作成の立場から… ………………新潟大学地域医療学講座 井口 清太郎
5.行政の立場から… ………………厚生労働省大臣官房総務課 広報室長 吉田 一生

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.