登録と評価

トップ > 登録と評価

専門研修の流れ

専門研修開始日~専門研修2年目まで
専攻医登録 専攻医 参加申請
担当指導医選択 専攻医 選択
研修委員会委員長 承認
症例登録 専攻医 登録・評価依頼
指導医 評価
病歴要約(個別評価) 専攻医 登録・評価依頼
指導医 評価
※病歴要約1件ずつを評価します。
専門研修3年目~
病歴要約(一次評価) 専攻医 修正・評価依頼
指導医 評価
研修委員会委員長 決裁
※病歴要約29症例を選び、あらためて評価します。
病歴要約(二次評価) 専攻医 提出
査読委員 評価

症例と病歴要約

 症例

対象者

  • 専攻医
  • 症例指導医

利用する時期

専門研修1年目から利用できます。

登録と評価の流れ

専攻医 症例を登録し、症例指導医へ評価を依頼します。
症例指導医 症例を評価します。

 病歴要約

対象者

  • 専攻医
  • 担当指導医
  • 研修委員会委員長

利用する時期

専門研修1年目から利用できます。
病歴要約の作成には、元になる症例の評価が完了している必要があります。

登録と評価の流れ

個別評価

専門研修1年目~2年目:病歴要約を1件ずつ完成させます。

専攻医 病歴要約を登録し、担当指導医へ評価を依頼します。
担当指導医 病歴要約を評価します。
一次評価

専門研修3年目以降:29症例の病歴要約を選び、プログラム内であらためて評価します。

専攻医 29症例の病歴要約を揃え、担当指導医へあらためて評価を依頼します。
担当指導医 病歴要約を評価します。
研修委員会委員長 病歴要約を評価します。
二次評価

専門研修3年目以降:プログラム外の査読委員が評価します。

専攻医 研修委員会委員長の承認をえた29症例の病歴要約を提出します。
査読委員 病歴要約を評価します。

研修の評価

 技術・技能

対象者

  • 専攻医
  • 担当指導医

利用する時期

専攻医はいつでも登録できます。
担当指導医による評価は半期ごとです。専攻医から担当指導医への評価依頼は半期に一度しかできません。

登録と評価の流れ

専攻医 技術・技能を登録し、担当指導医へ評価を依頼します。
担当指導医 技術・技能を評価します。

 専攻医評価

対象者

  • 専攻医
  • 担当指導医
  • 研修委員会委員長

利用する時期

半期ごとに利用できます。
(上期:毎年7月~9月末、下期:毎年1月~3月末)

登録と評価の流れ

専攻医 自身に対する評価を登録します。
担当指導医 専攻医に対する評価を登録します。
研修委員会委員長 評価を確認します。
留意事項
  • 担当指導医の方は、専攻医評価登録までに多職種評価をお済ませください。
  • 指導医による専攻医評価の結果は専攻医には開示されません。

 指導医評価

対象者

  • 専攻医
  • 研修委員会委員長
  • プログラム統括責任者

利用する時期

半期ごとに利用できます。
(上期:毎年7月~9月末、下期:毎年1月~3月末)

登録と評価の流れ

専攻医 指導医に対する評価を入力します。
研修委員会委員長 評価を確認します。
プログラム統括責任者
留意事項
  • 指導医評価は、症例指導医や担当指導医には開示されません。

 多職種評価

対象者

  • 担当指導医
  • 研修委員会委員長

利用する時期

半期ごとに利用できます。
(上期:毎年7月~9月末、下期:毎年1月~3月末)

登録と評価の流れ

担当指導医 他の医師やメディカルスタッフから専攻医への評価をヒアリングし、評価を登録します。
研修委員会委員長 評価を確認します。

 プログラム評価

対象者

  • 専攻医
  • 研修委員会委員長
  • プログラム統括責任者

利用する時期

毎年1月~3月

登録と評価の流れ

専攻医 プログラムに対する評価を入力します。
研修委員会委員長 評価を確認します。
プログラム統括責任者
留意事項
  • プログラム評価は、症例指導医や担当指導医には開示されません。