MENU

診断プロセス向上WG ワークショップ

日常診療での診断プロセスを考えるワークショップ

この度、日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループでは皆様の日常診療での診断プロセスを考えるワークショップを開催することと致しました。開催概要などは下記のとおりとなります。
ご興味の有る方はご参加をいただければ幸いです。

日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループ リーダー 矢吹 拓

開催概要

日時 2018年2月4日(日) 13時-16時(12時30分受付開始)
会場 日内会館4F会議室
募集人数 30名程度(参加希望者多数の場合お断りする可能性があります)
募集対象 ①日本内科学会会員であること / ②診断プロセスに興味がある人 / ③年齢制限なし / 
④ご自身の教訓的な経験症例についてワークショップ内で共有いただける方*
*事前提出期限:1月26日(金)正午
 WSでは症例の共有が重要になりますので、ご提出がない場合、WSにご参加いただけません。
【重要】WS当日はご見学・飛び入り参加を認めておりません、ご了承ください。
参加費用 無料
主催 日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループ

目的

  • 診断プロセスを誤らせる要因についての知識を深める
  • 症例の診断プロセスを解析する
  • 自らの診療の現場において診断プロセスを向上できる

当日のワークショップ概要

  • 症例検討・グループディスカッション(症例の診断プロセスの解析) 20分前後
  • ミニレクチャー(診断プロセスを誤らせる要因について) 25分前後
  • 自身の経験症例の解析(事前に自身の経験事例について伺い、一例抽出します) 30分前後
  • グループ内の経験症例のアクションプラン作成(自らの診療現場への応用)30分前後
  • 全体シェア 40分程度
  • まとめレクチャー 15分前後

その他

今回のワークショップ参加に関して、日本内科学会の認定更新単位の設定はありません。
WS当日はご見学・飛び入り参加を認めておりません、ご了承ください。

お問い合わせ先

日本内科学会専門医部会事務局 fjsim-office@naika.or.jp

申込方法

申込フォームよりお名前、日本内科学会会員番号、ご所属施設名、ご診療科、卒後年数、連絡先メールアドレス等をご入力いただきお申し込み下さい。
参加者にはワークショップの事前課題として、ご自身の教訓的な経験症例をフォーマットを元に提示して頂きます。フォーマットは募集締切後にご参加予定者に送付致します。
WSでは症例の共有が重要になりますので、ご提出がない場合、WSにご参加いただけませんのでご了承ください。

募集締め切り: 1月12日(金)午前9時
症例の提出締切: 1月26日(金)正午

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.