MENU

日常診療の診断プロセスを考える講演会 (第116回日本内科学会総会・講演会)

日常診療の診断プロセスを考える講演会~診断プロセス向上のために~

日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループでは皆様の日常診療の診断プロセスを考える講演会を第116回日本内科学会総会・講演会時に開催することといたしました。開催概要などは下記のとおりとなります。
ご興味の有る方はご参加をいただければ幸いです。

日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループ リーダー 矢吹 拓

開催概要

日時2019年4月28日(日) 11時30分-13時
会場ポートメッセなごや 交流センター4階 第6会議室(中継会場:第7会議室)
定員会場が満席になり次第締切
事前申込なし
認定更新単位総会・講演会単位以外の追加設定なし
参加費用無料
(ただし、本会会員で総会・講演会の参加費をお支払いになられた方に限らせていただきます。)
企画日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループ

目的

  • 診断プロセスに問題を生じさせる要因についての知識を深める
  • 症例の診断プロセスを解析する
  • 自らの診療の現場において診断プロセスを向上できる

当日の講演会概要

  • 症例提示①:診断プロセスに問題のある症例の提示
  • 講義①:診断プロセスに問題を生じさせる要因や認知バイアス
  • 症例提示②:
  • 要因分析ワーク:個人ワーク+全体共有
  • アクションプランワーク:個人ワーク+全体共有
  • 講義②:診断プロセスの問題を克服するために

※今回はグループワークはありません。主な内容は第1回~第6回、ならびに近畿支部で実施したワークショップと同様です。

お問い合わせ先

日本内科学会専門医部会事務局 fjsim-office@naika.or.jp

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.