MENU

2024年度 第52回 総合内科専門医 資格認定試験

2024年度 第52回 総合内科専門医 資格認定試験

試験概要 / 受験資格 / 出願手続き / 措置的受験をお考えの方はご注意ください

実施時期が変更となりましたのでご注意ください
第48回と第49回から措置的受験機会を持ち越している方も出願手続きが必要です

 

試験概要

試 験 日 2024年 11月 10日(日) 試験時間 9:00 ~ 16:10
試験会場 横浜、大阪(JR大阪駅近く)の2地域
出願期間 2024年 5月 9日(木)~ 7月8日(月)23:59まで(期限厳守)
出願方法

受験資格はこちらから / 出願手続きはこちらから

  • 出願手続きが完了すると「出願手続き完了のお知らせ」メールが通知されます
  • 「出願手続き完了のお知らせ」メールが届かない場合は、shiken@naika.or.jp までご連絡ください

受験料

30,000円(税込)

  • クレジットカード決済、コンビニ決済 選択可
  • 納入された受験料はいかなる事由があっても返還いたしません
  • 出願後に受験をご辞退される場合も受験料は返還いたしません
    次回出願時にも受験料を納入いただきます
  • 領収書はオンライン出願フォームの「出願者情報」メニューから発行してください
受験上の配慮申請

身体機能の障がいや傷病(妊娠中も含む)等により受験時に特別な配慮を希望される方は、2024年7月8日(月)まで受験上の配慮申請フォーム から申請してください

受験票

出願手続きが完了し受験資格を有している方には、会費完納の確認後、オンライン出願フォームへご登録頂きましたご住所宛に 2024年10月上旬に受験票を発送する予定です

合否発表

時 期
2025年1月下旬~2月上旬を予定

方 法

  • オンライン出願フォームに合否結果を掲載します
  • ご覧いただける状態になりましたら、ご登録のメールアドレス宛にご案内メールを発信いたします

試験問題・合否判定 について

お問い合わせ先

試験に関するお問い合わせはメールでお願いいたします

shiken@naika.or.jp

よくあるご質問

 

受験資格

受験者種類

第48回と第49回から措置的受験機会を持ち越している方の出願手続き

新専門医制度における資格認定試験の概要について

2024年度以降の資格認定試験に関するお知らせ(例年からの変更点や出願にあたっての注意事項)

 

受験可能なコースの確認

  • 該当する基本領域資格のボタンをクリックしてください

 

出願手続き

  • 受験可能なコースのボタンをクリックすると、該当する出願手続きの説明にジャンプします
  • 受験者種類②③の出願手続きは同じです
  • 第48回と第49回から措置的受験機会を持ち越している方は①をクリックしてください


 

病歴要約提出免除の方の出願手続き

  • 原則として、内科常勤医(週31時間以上勤務、非常勤雇用可、複数施設の勤務時間合算可)の方が対象です
  • 内科非常勤勤務(週31時間未満)の場合、ご事情をお伺いすることになりますので、あらかじめご了承ください

≪認定内科医取得後の内科診療継続従事について≫

  • 総合内科専門医を受験するためには、認定内科医資格取得後にも引き続き内科診療のキャリアが必要、且つ重要です
  • 認定内科医資格取得後に他科へ進み、現在非常勤で内科勤務をされているようなケースでは受験資格は付与されません

≪2021年 第36回認定内科医試験で合格された方について≫

  • 2027年度に1回のみ病歴要約提出免除の受験機会を付与いたします

≪出願手続き≫

  • オンライン出願フォーム から出願してください
  • オンライン出願フォームの「①出願者情報」「②経歴書」「③アップロードする書類」を登録してください
  • 出願手続きを完了させる方法 に沿って出願手続きを完了させてください。受験料のお支払いを以て出願完了となり、「出願手続き完了のお知らせ」メールが通知されます。
  • 出願手続きの状態を確認する方法 の手順で出願状況が「出願完了」になっていることを確認してください。「試験申込中」「申込中(未入金)」のままでは受験できません。

≪第48回と第49回から措置的受験機会を持ち越している先生方について≫

受験者種類として「2 資格更新済でも措置的受験を1回も受験できていない方(留学、出産等)」を選択してください

≪出願時の注意事項≫

「出願手続き完了のお知らせ」メールが通知されるまでは出願手続きが完了しておりません。「出願手続き完了のお知らせ」メールが届かない場合は、shiken@naika.or.jp までご連絡ください。

≪オンライン出願フォームへの登録内容≫

①出願者情報

  • 御芳名、フリガナ、生年月日、住所、メールアドレスなどを入力
  • 先生ご自身の顔写真(半身・正面・脱帽・眼鏡をかけて受験する方は眼鏡をかけた状態・マスクやサングラスなど着用不可)の画像をアップロード

②経歴書


③アップロードする書類

  • 内科診療証明書のテンプレートを出力し、必要事項を記入してください(内科診療証明書
  • 内科診療証明書には、病院長(院長)から自署と、病院(医院)の公印が必要です
  • 「証明日」は、出願期間内の日付を有効といたします
  • ご署名・ご捺印済の内科診療証明書をPDFファイル化し、オンライン出願フォームにアップロードしてください(印影が確認できる解像度かつフルカラーでスキャンしてください)
  • 第48回と第49回から措置的受験機会を持ち越している方、かつ留学証明書の提出がない場合は、アップロードする書類の「留学証明書」欄にあるチェックボックスにチェックを入れてください

内科診療証明書について

内科常勤勤務の方

常勤されている病院から本証明書を発行してもらう

内科非常勤勤務の方

複数の施設で非常勤勤務している場合は、それぞれの施設から本証明書を発行してもらい、非常勤勤務となっている理由を記載する

オンライン出願フォームへの登録方法

内科診療証明書の原本について
アップロードファイルの解像度が低い場合など、再アップロードをお願いする場合がございます。原本は破棄せずにお手元で保管をお願いいたします。

 

病歴要約10症例の提出が必要な方(基本領域:認定内科医)の出願手続き

  • 提出方法をすべてオンライン化いたしました
  • 病歴要約評価は合否判定に含まれます
    MCQの結果が合格基準に達していても、病歴要約がF評価の場合は全体として不合格になります

≪認定内科医取得後とは≫

  • 認定内科医試験に合格した年度の4月1日以後を指します(例:認定内科医の認定日が「2014年9月19日」の場合は、2014年4月1日以降を指す)
  • 但し、subspecialty学会専門医で、二階建制経過措置により認定内科医を取得した方は「認定内科医認定日」からとします

≪研修歴についての補足≫

新しい内科専門医制度における基幹施設・連携施設

カリキュラム制の取り扱いについて~非常勤勤務の取り扱い~


特別連携施設での研修歴を登録する場合は研修証明書のアップロードが必要です

  • 研修証明書は特別連携施設での研修が基幹施設・連携施設からの派遣によることを証明するものです
  • 基幹施設・連携施設での研修については研修証明書のアップロードは不要です

≪出願手続き≫

  • オンライン出願フォーム から出願してください
  • オンライン出願フォームの「①出願者情報」「②研修歴」「③アップロードする書類」「④病歴要約」を登録してください(病歴要約の作成については、病歴要約の作成について をご参照ください)
  • 出願手続きを完了させる方法 に沿って出願手続きを完了させてください。受験料のお支払いを以て出願完了となり、「出願手続き完了のお知らせ」メールが通知されます。
  • 出願手続きの状態を確認する方法 の手順で出願状況が「出願完了」になっていることを確認してください。「試験申込中」「申込中(未入金)」のままでは受験できません。

≪出願時の注意事項≫

「出願手続き完了のお知らせ」メールが通知されるまでは出願手続きが完了しておりません。「出願手続き完了のお知らせ」メールが届かない場合は、shiken@naika.or.jp までご連絡ください。

≪オンライン出願フォームへの登録内容≫

①出願者情報

  • 御芳名、フリガナ、生年月日、住所、メールアドレスなどを入力
  • 先生ご自身の顔写真(半身・正面・脱帽・眼鏡をかけて受験する方は眼鏡をかけた状態・マスクやサングラスなど着用不可)の画像をアップロード

②研修歴

  • 医師免許取得後から現在までの研修歴を入力してください
  • 特別連携施設での研修歴を登録する場合は研修証明書をアップロードしてください
    • 研修証明書は特別連携施設での研修が基幹施設・連携施設からの派遣によることを証明するものです
    • 基幹施設・連携施設での研修については研修証明書のアップロードは不要です
  • 入力した研修歴を印刷してください
  • 印刷した研修歴には、出願時に勤務している基幹施設・連携施設における、プログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長からのご署名・ご捺印が必要です
  • 「証明日」は、出願期間内の日付を有効といたします
  • ご署名・ご捺印済の研修歴をPDFファイル化し、オンライン出願フォームにアップロードしてください(印影が確認できる解像度かつフルカラーでスキャンしてください)

  新しい内科専門医制度における基幹施設・連携施設

  研修歴への署名・捺印について

研修歴の原本について

アップロードファイルの解像度が低い場合など、再アップロードをお願いする場合がございます。原本は破棄せずにお手元で保管をお願いいたします。


③アップロードする書類

  • 認定内科医取得後の発表業績 1編

発表業績 1編について

  • 認定内科医取得後に発表した業績が対象です
  • 「学会」または「論文」として発表した臨床研究(基礎的な研究は除く)、またはfirst author で報告した症例報告のいずれか1件の業績をアップロードしてください
    • 「学会」は学術団体が主催するものであり、業者主催の研究会・講演会を含まない
    • 「論文」は全国の図書館で閲覧できるような公的機関の医学雑誌ないしは学術図書に掲載されたものを指し、商業雑誌(通常の出版社が発行している月刊誌など)は含まない
  • 発表を証明するプログラムまたは別刷をオンライン出願フォームにアップロードしてください
    • 「学会発表」はプログラムで「演題名・発表者名(先生ご自身の御芳名を蛍光ペンで塗ってください)・学術集会名・開催年月日」が記載されている部分
    • 「論文」は別刷、または掲載誌で「題名・著者名(先生ご自身の御芳名を蛍光ペンで塗ってください)・掲載誌名」が記載されている部分

 

④病歴要約

  • 認定内科医取得後に受け持った症例が対象です
  • 病歴要約のアップロード前までに「②研修歴」の登録を完了してください(研修歴に登録した病院名が病歴要約メニューの病院名として選択できます)
  • 病歴要約の作成について に従って病歴要約10症例を作成してください
  • 病歴要約の「発行責任者」欄に当該症例を受け持った基幹施設・連携施設におけるプログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長の記名・押印後、原本をフルカラーでスキャンしてPDFファイルにしてください
  • 病歴要約No.1~No.10について、1件ごとに概要を入力の上、必要書類をアップロードしてください(郵送での提出物はございません)

病歴要約の原本について

アップロードファイルの解像度が低い場合など、再アップロードをお願いする場合がございます。原本は破棄せずにお手元で保管をお願いいたします。

≪病歴要約の作成について≫

i. アップロード書類

  • 病歴要約10症例
  • 退院時サマリー(外来症例の場合にはカルテ)のコピー 10症例分

症例毎に必要なアップロード書類

ii. 病歴要約作成

以下のテンプレートを使用してください
Microsoft Word で作成したもので、使用書体はMS-明朝です

入院症例用

外来症例用

病歴要約10症例への記名・押印について

病歴要約10症例それぞれについて、「発行責任者」欄に当該症例を受け持った基幹施設・連携施設における、プログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長の記名・押印が必要です。


▼病歴要約作成時の参照資料

病歴要約10症例_細則

内科専門研修カリキュラム

病歴要約を作成する上でのチェックポイント

病歴要約 作成サンプル(J-OSLERの手引きより外来症例 作成サンプル

病歴要約 評価項目と評価方法


▼個人情報の取り扱いについて

各学会活動における個人情報の取り扱いと配慮

病歴要約における患者個人情報の取り扱い

患者個人情報の消去に関する注意点

患者個人情報の消去について

患者ID、年齢、性別を除いた患者個人情報(氏名、生年月日、住所、連絡先等)や紹介元(先)病院(医師)名は、消去(マジックインキで塗りつぶすなど)した後、再度コピーして透けて見えないようにするか、もしくは予め付箋等で覆ってコピーするなど、絶対に読み取れない状態にしてアップロードしてください

 

▼退院時サマリー(外来症例の場合にはカルテ)のコピー 10症例分

  • 1ページあたりがA4判になるようにフルカラーでスキャンしアップロードしてください
  • 受け持ったことが分かるように主治医(担当医・受持医)欄に記載されている先生ご自身の御芳名を蛍光ペンで塗ってください
  • 外来症例の場合、外来診療期間全てのカルテ提出が望ましいですが、膨大な量になる場合は「最終診察時の外来カルテのコピー」を添付していただき、先生ご自身が当該患者さんを受け持っていたことをご証明ください
  • 当該症例を受け持っていたにもかかわらず、退院時サマリーの主治医(担当医・受持医)欄に受験者本人の氏名が記載されていない場合には、当該症例に対して退院時サマリー提出に関する証明書 のアップロードが必要となります
    • 必ず当該症例を受け持った基幹施設・連携施設における、プログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長から証明してもらってください
    • 受験者本人の氏名が、記載医(記入医)欄のみの場合も必要です

 

病歴要約10症例の提出が必要な方(基本領域:内科専門医)の出願手続き

  • 病歴要約評価は合否判定に含まれます
    MCQの結果が合格基準に達していても、病歴要約がF評価の場合は全体として不合格になります

≪内科専門医取得後とは≫

内科専門研修を経て内科専門医資格を取得された方が総合内科専門医試験を受験する場合、内科専門医取得後3年以上の内科研修が求められますが、内科専門研修の「修了認定」の時期と「内科専門医試験合格」の時期により、研修歴の起点が異なりますのでご注意ください

① 試験合格前年度の3月31日までに修了認定した場合
試験合格年度の4月1日から研修歴をカウントする

(例)2021年3月末までに修了認定し、2021年の第1回内科専門医試験に合格した場合、研修歴の起点は「2021年4月1日」となる)

② 試験合格年度の4月1日以降に修了認定した場合
修了認定日の翌日からカウントする

(例)「修了見込」で2021年の第1回内科専門医試験に出願・合格し、2021年11月30日に「修了認定」した場合、研修歴の起点は「2021年12月1日」となる)

②の場合、内科専門医資格の認定期間としては「2021年10月1日~」と試験合格年度の10月1日に遡及しますが、本会 総合内科専門医取得に向けた研修歴としては、内科専門研修の完了後からカウントされます

≪研修歴についての補足≫

新しい内科専門医制度における基幹施設・連携施設

カリキュラム制の取り扱いについて~非常勤勤務の取り扱い~

2024年度以降の資格認定試験に関するお知らせ(例年からの変更点や出願にあたっての注意事項)


特別連携施設での研修歴を登録する場合は研修証明書のアップロードが必要です

  • 研修証明書は特別連携施設での研修が基幹施設・連携施設からの派遣によることを証明するものです
  • 基幹施設・連携施設での研修については研修証明書のアップロードは不要です

≪出願手続き≫

  • オンライン出願フォーム から出願してください
  • オンライン出願フォームの「①出願者情報」「②研修歴」「③アップロードする書類」「④病歴要約」を登録してください(病歴要約の作成については、病歴要約の作成について をご参照ください)
  • 出願手続きを完了させる方法 に沿って出願手続きを完了させてください。受験料のお支払いを以て出願完了となり、「出願手続き完了のお知らせ」メールが通知されます。
  • 出願手続きの状態を確認する方法 の手順で出願状況が「出願完了」になっていることを確認してください。「試験申込中」「申込中(未入金)」のままでは受験できません。

≪出願時の注意事項≫

「出願手続き完了のお知らせ」メールが通知されるまでは出願手続きが完了しておりません。「出願手続き完了のお知らせ」メールが届かない場合は、shiken@naika.or.jp までご連絡ください。

≪オンライン出願フォームへの登録内容≫

①出願者情報

  • 御芳名、フリガナ、生年月日、住所、メールアドレスなどを入力
  • 先生ご自身の顔写真(半身・正面・脱帽・眼鏡をかけて受験する方は眼鏡をかけた状態・マスクやサングラスなど着用不可)の画像をアップロード

②研修歴

  • 医師免許取得後から現在までの研修歴を入力してください
  • 特別連携施設での研修歴を登録する場合は研修証明書をアップロードしてください
    • 研修証明書は特別連携施設での研修が基幹施設・連携施設からの派遣によることを証明するものです
    • 基幹施設・連携施設での研修については研修証明書のアップロードは不要です
  • 入力した研修歴を印刷してください
  • 印刷した研修歴には、出願時に勤務している基幹施設・連携施設における、プログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長からのご署名・ご捺印が必要です
  • 「証明日」は、出願期間内の日付を有効といたします
  • ご署名・ご捺印済の研修歴をPDFファイル化し、オンライン出願フォームにアップロードしてください(印影が確認できる解像度かつフルカラーでスキャンしてください)

  新しい内科専門医制度における基幹施設・連携施設

  研修歴への署名・捺印について

研修歴の原本について

アップロードファイルの解像度が低い場合など、再アップロードをお願いする場合がございます。原本は破棄せずにお手元で保管をお願いいたします。


③アップロードする書類

  • 総合内科専門医取得に向けた研修歴として有効な期間の発表業績 1編

発表業績 1編について

  • 総合内科専門医取得に向けた研修歴として有効な期間に発表した業績が対象です
  • 「学会」または「論文」として発表した臨床研究(基礎的な研究は除く)、またはfirst author で報告した症例報告のいずれか1件の業績をアップロードしてください
    • 「学会」は学術団体が主催するものであり、業者主催の研究会・講演会を含まない
    • 「論文」は全国の図書館で閲覧できるような公的機関の医学雑誌ないしは学術図書に掲載されたものを指し、商業雑誌(通常の出版社が発行している月刊誌など)は含まない
  • 発表を証明するプログラムまたは別刷をオンライン出願フォームにアップロードしてください
    • 「学会発表」はプログラムで「演題名・発表者名(先生ご自身の御芳名を蛍光ペンで塗ってください)・学術集会名・開催年月日」が記載されている部分
    • 「論文」は別刷、または掲載誌で「題名・著者名(先生ご自身の御芳名を蛍光ペンで塗ってください)・掲載誌名」が記載されている部分

 

④病歴要約

  • 総合内科専門医取得に向けた研修歴として有効な期間に受け持った症例が対象です
  • 病歴要約のアップロード前までに「②研修歴」の登録を完了してください(研修歴に登録した病院名が病歴要約メニューの病院名として選択できます)
  • 病歴要約の作成について に従って病歴要約10症例を作成してください
  • 病歴要約の「発行責任者」欄に当該症例を受け持った基幹施設・連携施設におけるプログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長の記名・押印後、原本をフルカラーでスキャンしてPDFファイルにしてください
  • 病歴要約No.1~No.10について、1件ごとに概要を入力の上、必要書類をアップロードしてください(郵送での提出物はございません)

病歴要約の原本について

アップロードファイルの解像度が低い場合など、再アップロードをお願いする場合がございます。原本は破棄せずにお手元で保管をお願いいたします。

≪病歴要約の作成について≫

i. アップロード書類

  • 病歴要約10症例
  • 退院時サマリー(外来症例の場合にはカルテ)のコピー 10症例分

症例毎に必要なアップロード書類

ii. 病歴要約作成

以下のテンプレートを使用してください
Microsoft Word で作成したもので、使用書体はMS-明朝です

入院症例用

外来症例用

病歴要約10症例への記名・押印について

病歴要約10症例それぞれについて、「発行責任者」欄に当該症例を受け持った基幹施設・連携施設における、プログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長の記名・押印が必要です。


▼病歴要約作成時の参照資料

病歴要約10症例_細則

内科専門研修カリキュラム

病歴要約を作成する上でのチェックポイント

病歴要約 作成サンプル(J-OSLERの手引きより外来症例 作成サンプル

病歴要約 評価項目と評価方法


▼個人情報の取り扱いについて

各学会活動における個人情報の取り扱いと配慮

病歴要約における患者個人情報の取り扱い

患者個人情報の消去に関する注意点

患者個人情報の消去について

患者ID、年齢、性別を除いた患者個人情報(氏名、生年月日、住所、連絡先等)や紹介元(先)病院(医師)名は、消去(マジックインキで塗りつぶすなど)した後、再度コピーして透けて見えないようにするか、もしくは予め付箋等で覆ってコピーするなど、絶対に読み取れない状態にしてアップロードしてください

 

▼退院時サマリー(外来症例の場合にはカルテ)のコピー 10症例分

  • 1ページあたりがA4判になるようにフルカラーでスキャンしアップロードしてください
  • 受け持ったことが分かるように主治医(担当医・受持医)欄に記載されている先生ご自身の御芳名を蛍光ペンで塗ってください
  • 外来症例の場合、外来診療期間全てのカルテ提出が望ましいですが、膨大な量になる場合は「最終診察時の外来カルテのコピー」を添付していただき、先生ご自身が当該患者さんを受け持っていたことをご証明ください
  • 当該症例を受け持っていたにもかかわらず、退院時サマリーの主治医(担当医・受持医)欄に受験者本人の氏名が記載されていない場合には、当該症例に対して退院時サマリー提出に関する証明書 のアップロードが必要となります
    • 必ず当該症例を受け持った基幹施設・連携施設における、プログラム統括責任者(正・副)または研修委員会委員長から証明してもらってください
    • 受験者本人の氏名が、記載医(記入医)欄のみの場合も必要です

 

措置的受験をお考えの方へ

ご注意ください

総合内科専門医試験の出願にあたっては、受験する年度の直近5年間に、セルフトレーニング問題の合格実績(60%以上の正解率)が2回以上必要です。出願時点において合格実績(回数)が不足する場合、措置的受験最終年(2026年度)までに受験できませんのでご注意ください。

受験年度と有効なセルフトレーニング問題合格実績

2024年に出願する場合 ⇒ 2023年, 2022年, 2021年, 2020年, 2019年
2025年に出願する場合 ⇒ 2024年, 2023年, 2022年, 2021年, 2020年
2026年に出願する場合 ⇒ 2025年, 2024年, 2023年, 2022年, 2021年

専門医制度

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.