MENU

(NEW)総合内科専門医試験用_FAQ

受験資格について / 病歴要約10症例について / 昨年2020年に「第48回」に出願された先生方について

受験資格について

2021年度に受験するか、2022年度に受験するか、迷っています.何か違いはありますか?
はい.ございます.以下をクリックしてご覧ください
2022年度の試験から出題数が200題となります

これから1回目の認定更新を迎える認定内科医資格取得者です.2026年度までに総合内科専門医試験を病歴要約提出免除(措置的受験コース)で受験できる機会を1回のみ保持しています.もしも総合内科専門医試験を受験せずに、先に内科専門医試験を受験して資格を取得した場合はどうなりますか?
はい.先生の描いているゴールが【総合内科専門医 資格取得】であるならば、(新)内科専門医 資格を取得することによって、【総合内科専門医 試験受験】までの道のりは、認定内科医と比べて更に長くなりますし、病歴要約提出免除の措置的受験(チャンス1回付与)は消滅いたします

また、本会において、認定内科医試験、(新)内科専門医試験および総合内科専門医試験 と合計3回、試験を受験することになります

なお【総合内科専門医 資格】を取得すれば、後々、(新)内科専門医 としても認定される流れでございます

2018年に認定内科医を取得しています.受験機会が1回しか与えられない「措置的受験コース」ではなく、病歴要約や発表業績を提出して、総合内科専門医試験を早めに受験したいです. 認定内科医取得後の内科研修歴・病歴要約10症例・発表業績1編を満足している場合、最短でいつ受験が可能ですか?
但し、セルフトレーニング問題を受講していません
セルフトレーニング問題を受講していらっしゃらないのであれば、「2021年度」「2022年度」 2年(回)連続してセルフトレーニング問題を受講していただき、且つ、2回とも正解率60%以上を取得していただいた上で初めて「2023年度」の総合内科専門医試験に出願可能となります
セルフトレーニング問題を2015年と2016年に受講して、2回とも正解率60%以上を取得しています.
少し先ですが、2025年に総合内科専門医試験を受験する際に有効ですか?
いいえ.残念ながら、有効ではありません
(理 由) 受験する年度の直近5年分が対象となるため
従いまして、2025年に受験を予定していらっしゃるのであれば、「2020年、2021年、2022年、2023年、2024年」の5年間の中で2回以上、正解率60%以上を取得していただくようになります
病歴要約提出が免除される「措置的受験コース」についての質問です.
現在、内科臨床大学院に在学中のため、研究に従事しておりますが、大学病院とは別の病院で週1日、非常勤医師として内科外来を受け持っています.
このような場合は『出願時も引き続き内科診療に従事している』とみなされるのでしょうか?
はい.その場合には、内科非常勤医師としてご勤務されている医療機関の施設長から内科診療証明書をご発行いただき、出願登録時にアップロードしてください

私は2018年度の認定内科医取得者で、「措置的受験コース」についての質問です.
2021年度の試験を受験しようとすると、病歴要約や発表業績を提出しなければなりませんが、認定期間が終了する2024年3月に資格を更新した場合、2024年度からは「措置的受験コース」で受験できるのでしょうか?
はい.2021年以降に初めて認定内科医の更新を迎える方の措置的受験につきましては、認定内科医を更新後、1回のみ病歴要約提出を免除して、総合内科専門医試験の受験を可能といたします
但し、適用は2026年度までとなり、具体的には以下のようになります

2015年の認定内科医取得者 ⇒ 2021年度~2026年度までの中で1回のみ措置的受験可能(1回/6年)
2016年の認定内科医取得者 ⇒ 2022年度~2026年度までの中で1回のみ措置的受験可能(1回/5年)
2017年の認定内科医取得者 ⇒ 2023年度~2026年度までの中で1回のみ措置的受験可能(1回/4年)
2018年の認定内科医取得者 ⇒ 2024年度~2026年度までの中で1回のみ措置的受験可能(1回/3年)
2019年の認定内科医取得者 ⇒ 2025年度~2026年度までの中で1回のみ措置的受験可能(1回/2年)
2020年の認定内科医取得者 ⇒ 2026年度のみ措置的受験可能(1回/1年)
※「措置的受験コース」の対象者となるには、更新手続きを完了していただくことが必要です.なお、前倒しでの更新はできません

病歴要約10症例について

病歴要約10症例についてですが、入院7症例+外来3症例、かつ総合内科領域5例+異なる臓器別領域5例、の両方を満たすように10症例を選ぶ という事でしょうか ?
はい.そのとおりございます

旧制度では、例えば消化器はNo.1,2とするなどと提出番号に規定がありましたが、新制度では?
只今準備中である出願用ページの該当部分を確認しましたところ、下記のように構成されております
 病歴No.1 ~病歴No.5 → 総合内科領域からの5症例
 病歴No.6 ~病歴No.10 → 異なる臓器別領域からの5症例

総合内科領域の病歴要約について、分野については「総合」とのみ記載したらいいのでしょうか? それとも「総合ー腫瘍」「総合ー 心理・社会的側面についての配慮 」などと記載するのでしょうか?
「総合ー腫瘍」「総合ー 心理・社会的側面についての配慮 」などと記載してください

昨年2020年に「第48回」に出願された先生方について

昨年に出願して、延期という連絡はもらっております.追加の手続き(書類提出)などは特に必要ない?
はい.必要ございません
(今後について)
5月末頃には、試験会場ご案内メールを送信する予定です
受験票の発送は、試験1か月前の8月中旬を予定しております
なお、3月過ぎに「2021年度 年会費 払込票」が届きましたなら、お支払いをお願いいたしたく存じます

▲最上部へ

専門医制度

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.