MENU

COVID-19の影響に伴う「延長措置B」の適用条件について

J-OSLERにおいて「修了見込」の承認を得て、プログラムを修了せずに専門医試験を受験される方々に対して行なっている「延長措置B」について、その適用対象者に関する説明を追記させていただきました。

追記内容:

  • 本措置は、修了見込みの措置申請が可能となる時点(内科研修開始2年9カ月経過後)において、27ヶ月以上の内科専門研修実績が確保されていることが前提となります(そのことをJ-OSLERでの申請時において同意いただいております)。
  • 36-6=30ヶ月以上が修了認定の必要最低期間となります。修了見込みの申請開始は最短で研修期間2年10ヶ月目以降となりますので、27ヶ月以上が必要最低月数(単位)として問われ、最終的には30か月以上の内科研修期間がないと修了認定されません。

追記ページ:

◆登録と評価
 https://www.naika.or.jp/nintei/j-osler/evaluate/
◆修了見込みの操作
 https://www.naika.or.jp/nintei/j-osler/expected/
◆COVID-19の影響に伴う内科専門研修の措置について(2021年度版)
https://www.naika.or.jp/nintei/covid19_step2021/

専門医制度

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.