MENU

医師会主催の単位取得対象講演会

近畿支部内での開催予定

ここに記載の日本医師会生涯教育企画は、日本医師会と日本内科学会との協議による申合わせに基づいて、主催する都道府県医師会から日本医師会を通じて呈示された企画の内容を審査し、日本内科学会の認定更新研修単位の設定が認められたものです。
=企画名、①=開催年月日時、②=開催地または会場名、③=企画の主題、④=参加方式

参加費
参加方式の記載がないものは自由参加制で、参加費は無料です。
取得できる単位数
内科専門医のみ2単位を加算します。(後日自己申告)
お願い
日本医師会会員でない本会員で参加希望の方は、自由参加制のものでも予め主催医師会へ参加希望の旨を連絡してください。会場などの都合で参加者数に限度があり、出かけた会場が入場できなかったなどの事態にならないよう、是非ご協力をお願いいたします。

京都府医師会

◎生涯教育講座 ①2019年1月19日(土)14時~15時、17時30分~19時 ②京都市:京都府医師会館
③「汎血球減少が進行し肺炎、急性腎不全から多臓器不全を来たした一例」1.臨床説明・臨床講演 2.病理説明・病理講演

◎生涯教育講座 ①2019年2月16日(土)14時30分~17時45分 ②京都市:京都府医師会館
③痛風・高尿酸血症のマネジメント 2.痛風関節炎の関節超音波検査―診断と治療への臨床応用― 3.日常診療に役立つ高尿酸血症の理解 4.明日から診る高尿酸血症・痛風―各種ガイドラインの記載をふまえて―

◎生涯教育講座 ①2019年3月23日(土)14時30分~17時45分 ②京都市:京都府医師会館
③1.高齢心房細動患者に対する抗凝固療法を考える 2.高齢者糖尿病のフレイルリスクを考慮したトータルケア 3.不眠・不安を訴える高齢者の治療 ④自由参加制(京都府医師会員および日本内科学会会員)

大阪府医師会

◎生涯教育講座 ①2018年12月13日(木)14時~17時 ②大阪市:大阪府医師会館
③1.本講演会研究テーマの意義について 2.身近にあるHIV感染症―HIV感染を疑う症状とプライマリケアでの検査― 3.総合討論とまとめ

◎生涯教育講座 ①2018年12月20日(木)14時~17時 ②大阪市:大阪府医師会館
③1.本講演会研究テーマの意義について 2.循環器疾患治療の up to date 3.総合討論とまとめ

◎生涯教育講座 ①2019年1月17日(木)14時~17時 ②大阪市:大阪府医師会館
③1.本講演会研究テーマの意義について 2.胃癌の内視鏡検診について 3.総合討論とまとめ

◎生涯教育講座 ①2019年2月21日(木)14時~17時 ②大阪市:大阪府医師会館
③1.本講演会研究テーマの意義について 2.慢性咳嗽診療と臨床検査 3.総合討論とまとめ

◎生涯教育講座 ①2019年3月9日(土)15時30分~18時30分
②大阪市:ホテルニューオータニ ③1. 日常診療における皮膚疾患の診断と治療ポイント―内科医に必要なスキンケアと保湿剤の使い方― 2.帯状疱疹の診断と治療について
④予約制 ⑤1,000円

◎生涯教育講座 ①2019年3月28日(木)14時~17時 ②大阪市:大阪府医師会館
③1.本講演会研究テーマの意義について 2.耐性菌と抗菌薬適正使用 3.総合討論とまとめ

兵庫県医師会

◎生涯教育講座 ①2018年12月8日(土)14時~17時 ②明石市:明石市医師会館
③1.迷っていませんか?高齢者高血圧の個別化治療―健康長寿を目指す具体策を考える― 2.誰も教えてくれなかった風邪の診かた―抗菌薬適正使用を目指して―

◎生涯教育講座 ①2018年12月8日(土)14時~17時 ②神戸市:神戸市医師会館
③1.変形性関節症に伴う疼痛 2.外来でのインフルエンザ感染症診療br />

◎生涯教育講座 ①2019年1月12日(土)14時~17時 ②神戸市:神戸市医師会館
③1.救急医療について 2.高齢化社会の中で問題となる糖尿病と骨粗鬆症のトータルケアbr />

◎生涯教育講座 ①2019年2月9日(土)14時30分~17時30分 ②神戸市:兵庫県医師会館
③1.低血糖と認知を中心に 2.低血糖と薬物療法 3.低血糖の我が国の現状とこれから 4.糖尿病患者の口腔トラブルを予防するための医歯薬連携
④事前申込制

◎生涯教育講座 ①2019年2月16日(土)14時~17時 ②神戸市:神戸市医師会館
③1.睡眠薬の過去・現在・未来 2.不安と不眠の治療

◎生涯教育講座 ①2019年3月9日(土)14時~17時 ②神戸市:神戸市医師会館
③1.糖尿病患者の心理学的特性について 2.依存症の治療(日常診療で注意すべき)について

開催未定 : 滋賀県、奈良県、和歌山、

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.