MENU

北海道地方会 発表方法

第301回北海道地方会は現地開催となり、発表方法は「現地発表」となります。

発表方法

  • 発表は口演形式で、医学生セッションは発表5分(厳守)・討論時間2分、初期研修医・後期研修医セッションは発表5分(厳守)・討論時間3分、一般演題セッションは発表5分(厳守)・討論時間2分です。時間厳守にてお願いいたします。
  • 当日、会場のPC受付まで発表スライドのデータをお持ちください。

発表データの作成について

  • ソフトウェアはPowerPointをお使いください。
  • スライド枚数は発表時間(5分・時間厳守)を超えなければ何枚でも結構です。
    ※冒頭のタイトルを含めて10枚程度が適当です。
  • 発表者ツールは利用できません。必要な読み原稿は予め紙に出力の上ご持参ください。
  • アニメーション・動画を使用される場合は、事前に必ず動作確認をお願いいたします。

会場発表

  • 会場に用意するパソコン
    OS:Windows 10 /プレゼンテーションソフト:PowerPoint 2021
    プロジェクターの出力解像度:FHD(1920×1080 ピクセル)、スライド比率 16:9
    ※ スライド比率は4:3でもある程度自動調整されますので問題ありません。
      発表データはUSBメモリ等に入れ、 会場へご持参ください。
    ※ 発表予定時刻の30分前までにデータ受付を完了させてください。
    ※ 発表データの操作は、演台に備え付けのキーボード、マウスを使って演者ご自身で行っていただきます。
  • ファイル名の付け方
    半角英数で、「演題番号_氏名_PowerPointのバージョン」としてください。
    (苗字と名前の間にスペースは入れない)
  • PC持ち込みの場合
    ■ 動画を使用する場合は、当日PC受付にてお申し出ください。ご自身のノートパソコンを推奨しますが、PC受付にてデータを確認し再生に問題が無ければ、データでのご発表が可能です。
    ■ ①USBに保存したバックアップデータ、②電源アダプタ、③コードの3点を忘れずにご持参ください。MacOSの場合は、純正のプロジェクター接続用アダプタもご持参ください。
    ■ PCの省電力設定、スクリーンセーバーは解除してください。
    ■ ウイルス対策ソフトをアップデートし、最新の状態に更新しておいてください。
    ■ 画面の解像度はFHD(1920×1080ピクセル)に設定してからレイアウトの確認をしてください。解像度が違う場合、上下などに黒い帯が発生します。発表用PCではこのサイズに統一しています。D-Sub15pin のコネクタは利用できません。
    ■ 外部出力端子はHDMIです。接続口がない場合は変換アダプタをご持参ください。この端子がないPC の場合は、変換コネクタをご用意ください。
    ■ 本体に動画、画像が表示されても、実際に外部出力すると表示されない場合があります。事前に外部出力のテストを行い、正しく表示できているかの確認を行ってください。

利益相反(COI)状態開示のお願い

すべての発表者についてCOIを開示する必要があります。

  • 必ずスライドの1枚目、タイトルページで開示をしてください。
  • 演者含め全ての発表者氏名を記載し、開示の有無に応じて下記見本にある「発表者のCOI開示」以下の文言を付け加えてください。
  • 見本どおりの文言がスライド内に記載されていれば、配置やスライド自体のデザインはどのようなものでも構いません。
開示スライドの具体例 (クリックして拡大)

地方会口頭発表 加工用パワーポイントデータ

地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態があるとき
地方会口頭発表時、申告すべきCOI状態がないとき

 

第301回日本内科学会北海道地方会 運営事務局

日本内科学会地方会 運営事務局
株式会社コンベンションプラス内
〒113-0034 東京都文京区湯島2-31-14 ルーシッドスクエア湯島5階
E-mail:naika-shibu@convention-plus.com
TEL:03-4355-1135

講演会・各支部

PAGETOP
Copyright © 日本内科学会事務局 All Rights Reserved.